東京で注文住宅を建てるならココ!今人気の多層階住宅をはじめ、価格相場など気になる情報を紹介します!

注文住宅と建売住宅の違い

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/25

社会人の最大のステータスに挙げられるのが、社会的信用を基にローンを組んで一軒家を購入し住むことです。この一軒家を購入して住む際に、事前に決めなければならないことがあります。それが注文住宅と建売物件であり、双方には明確な違いがあるため、これから住宅を購入する人は双方のメリットとデメリットを把握する必要があるのです。

注文住宅は建築業者との話し合いから

一軒家を建てるうえでの選択肢の一つ注文住宅というのは、簡単にいえば建設業者と話し合い、内容に納得をしたらその形通りに建設してもらうことです。注文住宅を建てる際には、まず土地探しから始めます。

投資目的で権利を所有しているもしくは親族が所有していた住宅を取り壊して新しく建てるときには不要ですが、土地の権利を持っていない場合には建設業者が保有している住宅建設許可が下りている土地を購入するところから始めます。

さまざまな手続きを経て土地の権利を購入したら、今度は建設業者と話し合いを始めます。話し合いの内容としては、最初は建設業者が持っている立体の設計図から外観を決めます。外観を決めたら、今度は建築基準法を守りつつ家の間取りや内装そして必要な設備を決めていきます。

住宅を購入するにも人生の中で大きな買い物なので、何度も話し合いを重ねて納得のいく形を目指します。何度も話し合いをしてお互いに納得がいったら、その設計図通りに住宅を建てるという流れになります。

建売住宅はすでに建てられている物件

一軒家に住むための選択肢として、利用者数が増加傾向にあるのが建売住宅です。建売住宅というのは、住宅を建てる許可を得た土地を保有する不動産もしくは建設業者が、前もって保有した土地に住宅を建てるもしくはこれから建てようとしていることを意味します。

この建売住宅の場合は、すでに構成した通りに住宅を建てるので注文住宅のように話し合いをする必要がないです。そのため建売住宅は、購入した段階で住宅と土地の権利を保有することになるので開錠するための鍵をもらえばすぐに住むことができます。

選ぶときには自身の仕事の内容にも合わせて

一軒家に住む際に選ぶ注文住宅と建売物件ですが、双方にはメリットとデメリットがあるので事前に調べておくことが大事です。

注文住宅のメリットは、やはり設計段階から自身が関与するのでニーズに合わせた住宅を建てられます。一軒家を建てるときに後々に両親と同居することを念頭の奥、そして生まれてきた子どもが住みやすい環境にしたいなどさまざまなニーズがあります。

建設業者と何度も話し合いをすることで間取りや内装そして設備をどんなふうに取り付ければよいのか判断しながら煮詰めることができます。そうして内容に納得できれば、自身と家族にとって過ごしやすい家に住むことができるのです。

建売物件の場合は、注文住宅と違って自身が住宅を建てる際のニーズを伝えることはできないです。ただ先にいった通りに、建売物件は土地の権利ごと販売する形なのでローンを組んで購入費を渡せばすぐに住むことができます。

そして建売物件の多くは、生活インフラが充実しているポイントに建築されることが多いです。そのため自宅の近くには電車やバスといった交通手段だけでなく、買い物をする商店街や子どもが通う学校も近いので住みやすいのです。

注文住宅と建売住宅で、どちらを選んだらいいのか迷う場合にはやはり自身の仕事の内容に合わせて選ぶのが一番といえます。納得がいく家に住むことができる反面として、やはり計画から作らないといけないので実際に住むのに時間がかかるのがデメリットです。

そのため新聞記者や商社など、単身赴任や転勤が多い仕事など注文住宅を建てても住むことができない場合が考えられます。そのためこの方法を選ぶ際には、転勤が少ないもしくは地元に根付いている企業で働く人がよいといえるのです。

逆に転勤が多い企業で働いている人は、購入費を払えば住むことができる建売住宅がよいです。ただ建売住宅の欠点は、建設業者が前もって構成した形で住宅を建てるので間取りや設備が自身の納得のいくものではない場合があることといえます。

短期的に済むのであれば問題ないですが、生涯を通して現在の住所に住み続けるのであれば関与していない間取りや設備は後々に住みづらくなる可能性が高くなるのです。そのため建売住宅を購入するときには、事前に建設業者に確認してリフォームをしてもよい土地なのか確認する必要があります。

 

注文住宅は設計段階から自身が関与するので、建設が終わり住むようになったら希望通りの形なので満足のいく家に仕上がります。ただし設計図から関与するということは、何度も買うことができないので満足のいくように何度も話し合う必要があるのです。そのため実際に住むようになるまでには、かなりの時間を要するので選ぶ際にはこの点を重視する必要があります。

そして建売住宅の場合は、すでに建設業者が構成通りに住宅を建てているので購入費を渡せばすぐに住むことができるのです。ただし短期間で済むことができるのがメリットですが、住宅を建てることに予算を割いているので間取りや設備は自身が納得のいくものではない可能性が高いといえます。そのため建売住宅に長らく住むのであれば、最低でも10年経ったらリフォームをして住みやすい形にすることが大事です。

おすすめハウスメーカー一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名M-LINE(ou2株式会社)パナソニックホームズへーベルハウススカイエ(大和ハウス)積水ハウス
特徴10cmも無駄にしない家づくり工業化住宅として最高の9階建まで可能8つの優れた複合性能を持つ「ヘーベル」さまざまな性能を兼ね備えた外張り断熱通気外壁設計自由度の高い「フレキシブルβシステム」
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
おすすめハウスメーカー3選