東京で注文住宅を建てるならココ!今人気の多層階住宅をはじめ、価格相場など気になる情報を紹介します!

注文住宅でコストを抑える方法

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/25

家を建てるときは、できるだけこだわりを持って理想の家を作りたいと考える人も多く、注文住宅は高い人気となっています。細部までこだわりを持てるのが建売住宅にはないメリットですが、その分費用は高くなる傾向にあります。とはいえ、工夫次第では予算内で理想の家を建てることも可能です。

予算オーバーを防ぐためのさまざまな工夫

家を購入するときは、建売住宅を選ぶと土地と込みで安く購入できますし、すぐに入居できるのがメリットです。間取りも住みやすさにこだわって作られていますが、他の家とあまり違いがない、個性がないと感じる人も少なくありません。そして、すでに間取りもデザインも使われる素材もほとんど決められていますので、それぞれの希望を取り入れることは困難です。

よりこだわりを持って建てるのであれば、一から考えて作ることができる注文住宅にも注目してみましょう。注文住宅ならデザインから内装、外構まですべてこだわりを持つことができますので、より理想的な個性ある家にすることも可能です。

とはいえ、建売とは違い、費用は高くなりがちです。予算オーバーを防ぐためには、まずは予算を決めて、その範囲内で考えていくことが大切です。まず、できるだけ安くしたい場合は延べ床面積を減らすことを考えてみましょう。延べ床面積が広くなれば、広く開放感のある家にできますが、広くなればなるほど多くの費用が発生します。

延べ床面積が減ると、それだけ家も狭くなりますが、家事動線が短くなるというメリットもあります。快適に住めることも重視する必要がありますので生活にどのぐらいの広さが必要なのか、しっかりと考えていくことが大切です。

安くするならシンプルな形の家を選ぼう

注文住宅では、デザインも自由にできるのが魅力ですが、あまりに凝ったデザインにするとそれだけ建築費用が高くなってしまいます。同じ広さでも凹凸が多いデザインにすると、それだけ外壁量が多くなりますし、構造的な補強も必要になります。

それに対してシンプルなデザインを選んでおくと、同じ広さでも使用する材料の量も少なく済みますし、人件費のカットにもつながるのでよりコストダウンが期待できます。さらに、間取りをシンプルにすることや部屋数を少なくすることも費用を抑えることにつながります。

明るさを得るためには、窓を大きくすることや窓の数を増やすことも考えることになりますが、窓の数を減らすことや小さくすることもコストダウンにつながります。2階建ての場合はバルコニーを作ることも多くなっていますが、バルコニーを広くしすぎると補強に費用が発生します。必要以上にバルコニーを広く取らないこともコストを抑えることにつながります。

さらに、外構では門扉やフェンスをつけることも多くなっていますが、それを作らないことも大幅に費用を抑えることになりますので、外構についてもよく考えていきましょう。

収納スペースでもコストダウンができる

注文住宅を建てるときは、収納スペースもよく考えておきたいところです。収納スペースはたくさん用意したいと考える人もありますが、収納スペースを何か所も作ると、それだけ費用も多く発生します。そして、あまりに収納が多いと死蔵品が増えることにもつながりますので、本当に必要なスペースを確保しておくことも大事です。

何か所にも作らずに一か所にまとめておけば、それだけ工事費も安く抑えることができます。さらに、安くするなら、収納スペースに扉をつけないことも考えてみましょう。

キッチンは収納を多く取りたいと考える人もありますが、高い場所にある吊戸棚は実はあまり使われていないことも少なくありません。キッチンにかかる費用を抑えるなら、吊戸棚を省くことも考えてみてはいかがでしょうか。

注文住宅を安く建てるのであれば、やはり業者選びも大切です。複数の業者から見積もりを取ることで、より安く対応してくれる業者を見つけることができますので、一社だけではなく複数社に相談することも考えてみましょう。

ただ安いだけで、工事が手抜きということは避けたいので、安さだけで選ばずに実績や評判もよく調べておくことが大切です。土地から購入する場合は、土地の費用を抑えることも大幅なコストカットになります。土地選びで悩んでいる場合は、土地選びにも強い業者を選んでおきましょう。

 

注文住宅は細かな部分までこだわりを持って作れること、デザインも自由に決められるなど建売住宅にはない魅力があります。とはいえ、あまりにこだわりを入れすぎると予算オーバーになってしまうことも珍しくありません。まずは予算を決めておき、その範囲内で理想の家を建てられるよう考えていきましょう。

延べ床面積を狭くすることやシンプルなデザインにすることもコストダウンにつながります。外構やバルコニーで工夫することも考えてみましょう。部屋数を減らす、収納を一か所だけにするなどの工夫も考えてみてはいかがでしょうか。安くよい家を建てるためには業者選びも重要になりますので、慎重に選んでいきましょう。

おすすめハウスメーカー一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名M-LINE(ou2株式会社)パナソニックホームズへーベルハウススカイエ(大和ハウス)積水ハウス
特徴10cmも無駄にしない家づくり工業化住宅として最高の9階建まで可能8つの優れた複合性能を持つ「ヘーベル」さまざまな性能を兼ね備えた外張り断熱通気外壁設計自由度の高い「フレキシブルβシステム」
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
おすすめハウスメーカー3選