東京で注文住宅を建てるならココ!今人気の多層階住宅をはじめ、価格相場など気になる情報を紹介します!

注文住宅のメリット・デメリット

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/25

東京で憧れのマイホームを手に入れる方法として、「注文住宅」という選択を選ぶ人も少なくありません。ただ注文住宅を建てる場合、事前にメリット・デメリット両方を把握しておく必要があります。よい面・悪い面どちらも知ったうえであれば、より自分に合う方法を選択できます。注文住宅のメリット・デメリットをチェックしてみましょう。

注文住宅は理想のマイホームを建てることができる

注文住宅のメリットといえば、やはり「理想のマイホームを建てることができる」という点が挙げられます。

どのような建材を使うのか、間取りや外観、仕様といったすべてのケースにおいて自分たちの希望を入れることが可能です。家族構成や家族の年齢に合わせて間取りを考慮し、趣味のための部屋を設ける、ペットと暮らすのに最適なマイホームにしたいなど各家庭で異なる理想を取り入れられるのは大きなメリットといえます。

家の工法やデザイン、住宅設備なども自由に決めることができるので、まさにオンリーワンのマイホームを手に入れることができるでしょう。見た目や間取りなど目に見える部分だけでなく、災害の多い国ということもあり耐震性や耐火性といった、安全面にこだわった家作りをするケースも増えています。

すでに完成している建売住宅や基本的な仕様がすでに決められているセミオーダー住宅では、このようなメリットを得ることはできません。快適に生活できるマイホーム、安全に暮らせるマイホームにしたいという理想も、注文であれば叶えることが可能です。

建築プロセスを確認できるのも魅力

家は一生に一度、買うか買わないかといっても過言ではないほど人生において大きな買い物となるものです。ですので、本当に安心して暮らせるマイホームにしたいと考えている人が、大半なのではないでしょうか。

注文住宅のメリットとしては建売住宅では絶対にチェックできない、建築プロセスを確認できるという点も挙げられます。欠陥住宅という言葉が浸透しているように、施工業者によってはずさんな設計・建築を行い安全性や快適性などを満たしていない家を建てるケースも少なくありません。

注文住宅の場合、建築現場をチェックしに行くことができるので施工業者に対して「しっかりとした家を建てなければ」という、いわばプレッシャーを与えることができるのです。

すでに完成したものを購入することになる建売住宅の場合は、目に見えない基礎などの部分がどうなっているのかを知ることはできません。家を建てている途中経過もしっかりチェックできるということは、欠陥住宅のリスクを軽減するということにもつながります。

また設計から完成までの期間、家が建てられる工程をチェックし続けることで、より愛着がわくマイホームとなるのも魅力といえるでしょう。

デメリットもしっかり把握しておこう

注文住宅はメリットも多いですがよい面があれば必ず悪い面も存在しているので、デメリットにも目を向けておくようにしましょう。

どうせ建てるならと自分や家族が理想としているものをすべて詰め込むケースもありますが、理想ばかりを詰め込み過ぎてしまうと予算オーバーになりがちです。どこに・どのくらいの予算をかけるか、計画するときにしっかりと金額を決めておかないと予算オーバーとなってしまうケースがあるので注意が必要です。

また、完成するまでにどのような家になるか知ることができないという点も、デメリットの1つといわれています。建売住宅の場合はすでに完成している家を自分の目で見て選ぶことができますが、注文住宅の場合は設計図だけで判断しなければいけません。図面だけでは完成後のイメージがあまりわかず、場合によっては「こんな仕上がりじゃなかったのに」と、家作りに失敗してしまうリスクもあります。

この他にも打ち合わせのために時間を割く必要がある、入居できるまでの期間が長い、場合によっては土地探しから始めなければいければならず、完成にまで期間がかかるという点もデメリットです。とくに東京都内で土地から探して建てるとなると、土地選びや土地代の予算を決めるだけでも時間がかかってしまうでしょう。

 

注文住宅はデザインや間取り、住宅設備から耐震性など目には見えない部分まで、すべてを自由に決めることができます。家族構成やどのような生活を送りたいかなどによって、理想とするマイホームを手に入れられるという点は大きなメリットです。さらに、設計の段階からかかわることができるので建築プロセスをチェックできるというのも、建売住宅にはないメリットといえます。

ただし、よい面ばかりではなく理想を詰め込み過ぎると予算オーバーしてしまったり、完成イメージをいまいちつかみにくくなったりというデメリットもあります。すでに完成している建売住宅は比較的スムーズに入居可能ですが、設計などの打ち合わせや土地探しなどに時間がかることも考慮しなければいけません。

このようなメリット・デメリットを踏まえたうえで、注文住宅を建てるかどうかを決めるとよいでしょう。

おすすめハウスメーカー一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名M-LINE(ou2株式会社)パナソニックホームズへーベルハウススカイエ(大和ハウス)積水ハウス
特徴10cmも無駄にしない家づくり工業化住宅として最高の9階建まで可能8つの優れた複合性能を持つ「ヘーベル」さまざまな性能を兼ね備えた外張り断熱通気外壁設計自由度の高い「フレキシブルβシステム」
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
おすすめハウスメーカー3選