東京で注文住宅を建てるならココ!今人気の多層階住宅をはじめ、価格相場など気になる情報を紹介します!

注文住宅の業者選びで気を付けるポイント

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/25

住まいを手に入れるために注文住宅を建ててくれる業者を利用すると、建て売りにはないメリットをたくさん得られます。しかし依頼をする業者選びを間違ってしまうと、理想の住まいを建てようとしたのに実現ができない可能性もあります。

今回は、業者を選ぶときに注意すべきポイントをご紹介するので、理想を叶えたいのなら参考にしてください。

自身の理想を叶えてくれる業者を見つけよう

注文住宅に対応する業者はたくさんあるため、自身が住んでいるエリアで調べてみれば、工務店や建築事務所などいろいろなところが見つかるはずです。現在ではインターネットでそれぞれのことを簡単に調べられるので、評判がよいところを選ぼうと考えるかもしれません。

確かに、実際に建築を頼んだ方が絶賛していたのなら、自分も依頼をしようと考えても不思議はありません。しかし、その方に合っていたとしても自分には合っていないかもしれないので、評判がよいからといってよく調べずに選ぶのはやめておいたほうがよいでしょう。

もちろん評判が悪いところを選ぶのはまったくおすすめできませんが、地味な印象のところを切って捨てるのもおすすめできません。そのため、理想の住まいが欲しいのなら、まずはできる限り多くのところの情報を集めるようにしましょう。

ほぼ100パーセントの工務店や建築事務所が公式サイトを開設しているので、そちらを読めば簡単に情報を集められます。もしかすると、ほかよりも断トツで評判のよいところよりも、5番手や6番手のほうが自分に合っているかもしれません。

それぞれの特徴やサービス概要をしっかりと調べて、自身の理想に近いところをいくつか選択してみましょう。あとは、選んだところすべてに連絡をして、スタッフの方とじっくりと話をすることを強くおすすめします。自身の望みを伝えてみて、叶えてくれそうならば仕事の話を進めて、注文住宅を作ってもらうための具体的な相談をしましょう。

それぞれの業者で費用について聞こう

お金が無尽蔵にあるというのなら予算のことはまったく考えずに、理想をすべて叶えられる注文住宅を作ってもらうのがよいでしょう。しかし、予算があるのならしっかりと伝えて、それに収まるのか判断してもらうことが大切です。

ほとんど同じ見た目の住まいなのに業者によって費用が異なるため、いろいろなところに聞いてみることをおすすめします。予算が決まっているのなら、できる限りコスト段できるように努力してくれるところもあるので、とりあえずでも費用について相談してみましょう。

ちなみに、家作りを進めていくうえでさらによい住まいにしたいと考え、設備をグレードアップしたくなることがでてきます。そのときは本当に必要なのかしっかりと考えてから、グレードアップするかどうかを決断しましょう。グレードアップしてしまうと間違いなく追加費用がかかってしまうので、せっかく予算内に収まっていたとしても結果的にはオーバーしてしまいます。

絶対予算内に収められると考えていても、心は揺らぐものなので余分な費用が発生するのは覚悟しておきましょう。設備の変更をたくさん行ってしまい、当初の値段よりも100万円以上高くなってしまうのはよくある話です。ちなみに、話を進めていくうちにグレードアップしたくなるということを最初から考えて、予算を少なく伝える方法もあります。

たとえば、本当は2000万円の予算が合っても、今後のことを考えて1800万円が予算だと伝えるのです。そうすれば、200万円の余裕があるので、グレードアップしたとしても本来の予算に収まる可能性が高くなります。

検討の段階なら相談会を活用しよう

まだ注文住宅を建てることを決定していないため、業者に直接連絡するのは気が引けるという場合もあるでしょう。そのときは、それぞれの工務店や建築事務所が開催してくれている相談会を活用してみましょう。

そちらならば、具体的に何も決まっていない状態でも相談ができるため、遠慮せずに気軽に利用ができます。もちろん、基本的な話だけではなく、ローンの話や土地の話もできるので、ある程度のことは決まっている方も相談会を利用できます。

ただし、どこの工務店や建築事務所でもやっているわけではないため、まずはそれぞれの公式サイトで相談会があるかどうかをチェックしてみましょう。基本的には予約が必要となるため、相談会に参加したいなら公式サイトから申し込む必要があります。

 

人生で一番高い買い物になるかもしれない注文住宅は、業者の選び方によって大きく満足度が変わります。そのため、メリットをできる限り多く享受できるように、紹介したポイントをしっかりと抑えたうえで業者選びを行ってください。

ちなみに、契約するまではお金を支払わなくてよいシステムなので、『違う』と感じたのなら、すっぱりと交渉を中止してほかの業者に移りましょう。注文住宅を建ててから後悔をしてしまい、リフォームをするとなるとさらに多額の費用が必要になってしまいます。

おすすめハウスメーカー一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名M-LINE(ou2株式会社)パナソニックホームズへーベルハウススカイエ(大和ハウス)積水ハウス
特徴10cmも無駄にしない家づくり工業化住宅として最高の9階建まで可能8つの優れた複合性能を持つ「ヘーベル」さまざまな性能を兼ね備えた外張り断熱通気外壁設計自由度の高い「フレキシブルβシステム」
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
おすすめハウスメーカー3選