東京で注文住宅を建てるならココ!今人気の多層階住宅をはじめ、価格相場など気になる情報を紹介します!

M-LINE(ou2株式会社)の画像1

社名 ou2(オーツー)株式会社
従業員数 86名(2016年4月現在)
所在地 本社
東京都江東区富岡1-5-5
資本金 6,200万円
代表者 代表取締役/長張 隆史
専務取締役/高坂 昇
常務取締役/小林 眞一郎
事業内容 新築住宅 設計、デザイン、施工
建替住宅 設計、デザイン、施工
増改築 設計、デザイン、施工
リフォーム設計、デザイン、施工
オーダー家具 設計、デザイン、製作
インテリア商材の販売
不動産取引(アールツーホーム)
登録資格 建設業許可/建築工事業一式 東京都知事許可 特定建設業許可(特-29)第125055号
一級建築士事務所登録/東京都知事登録 第46497号
宅地建物取引業免許/東京都知事(1)第96131号(ou2株式会社)
加盟団体 社団法人 日本木造住宅産業協会
住宅あんしん保証(国土交通大臣指定・住宅瑕疵担保責任保険法人)
社団法人 リノベーション住宅推進協議会
社団法人 日本改築産業協会
ハウスジーメン(国土交通大臣指定・住宅瑕疵担保責任保険法人)
おすすめポイント都心に特化!複数の工法に対応で最適な狭小住宅を提案
多層階住宅「M-LINE」を展開するou2株式会社は、東京23区に特化したハウスメーカーです。施工実績のほとんどが狭小地や変形敷地での家づくりであり、狭小住宅に対して豊富な経験とノウハウを持っているのが特徴です。「M-LINE」のコンセプトは「10cmも無駄にしない家づくり」。高い設計力を活かし、狭小住宅ながらゆとりのある空間を生み出します。木造や鉄骨、さらにそれらを組み合わせた混構造など複数の工法・構造の提案が可能で、他社では断られるような要望も実現してくれます。

M-LINE(ou2株式会社)の画像

M-LINE(ou2株式会社)

都心に特化!複数の工法に対応で最適な狭小住宅を提案

公式サイトで詳細を見る

他社ではできないようなことも実現可能

M-LINEの画像
多層階住宅の「M-LINE」を展開するou2株式会社は、東京23区に特化した地域密着型のハウスメーカーです。木造注文住宅のクレバリーホームの加盟店でもあり、新築・リフォーム合わせこれまでに1万件を超える実績があります。

ou2株式会社は20年以上にわたって都心の家づくりに携わっているため、狭小地や変形敷地など都心ならではの家づくりに強みがあります。ですから、他社では無理と断られるようなことでも、ou2株式会社ならば実現できるノウハウを豊富に持っています。

10cmも無駄にしない家づくり

M-LINEの画像
「M-LINE」のコンセプトは、「10cmも無駄にしない家づくり」。いわゆる大手ハウスメーカーの規格を狭小地や変形敷地に無理やり合わせようとすると、どうしても数センチ無駄なスペースができてしまいます。家のまわり10cmのスペースを合計すると約1坪になります。坪単価を200万円と考えると、3階建ての住宅ではおよそ600万円分もロスしてしまうという計算です。

「M-LINE」は、そんな10cmのスペースが快適さを生むことを知っています。大切な土地を無駄にすることなく、狭小地や変形敷地それぞれの良さを最大限に活かした設計力で、ゆとりのある空間を実現します。

また、「M-LINE」のメリットはそのデザイン性の高さだけではありません。無垢材や自然塗料を使用することにより、アレルギー体質の方でも安心して暮らすことができる健康に配慮した家づくりとなっています。

さまざまな工法・構造を提案可能

一般的な注文住宅業者では、対応可能な工法や得意とする工法が決まっています。施主の多くは家づくりに関して深い知識があるわけではないですから、業者に言われるままの工法で家づくりをしてしまいがちです。しかし「M-LINE」は違います。施主の希望や建てる場所などによって、複数の工法の中から最適なものを提案してくれます。

たとえば4階建てと言えば通常は鉄骨ですが、そうすると必然的に費用が高額になってしまいます。そこで、耐火性に優れた木造を採用することで、鉄骨と比べて費用を抑えることができます。また、1階を鉄骨、2・3階を木造などの混構造にも対応可能です。1階を鉄骨にすることで、高い耐震性と仕切りのない大空間を両立することができるという、ほかではできない提案です。

M-LINE(ou2株式会社)の画像

M-LINE(ou2株式会社)

都心に特化!複数の工法に対応で最適な狭小住宅を提案

公式サイトで詳細を見る

幅広い使い方ができる多層階住宅

M-LINEの画像
東京23区に特化しているため、施工実績のほとんどが狭小地・変形敷地と言っても過言ではないというou2株式会社。狭小地や変形敷地はもちろん、複雑な法規制や騒音問題など、東京ならではの家づくりに豊富な経験とノウハウを持つデザイナーが、一組一組に合わせたプランを提案してくれます。

多層階住宅ならではの魅力や幅広い活用方法

〇屋上・地下室
狭小地や変形敷地だからという理由で諦める方も多い収納や趣味のスペース。しかし屋上や地下室を設けることで、たとえ10坪程度の土地でもそれらを実現することが可能です。「M-LINE」なら、屋根を付けるのとほぼ同じ金額で屋上を作ることができます。ガーデニングやバーベキュー、プール、天体観測など、さまざまな使い方ができます。

地下室は、防音効果や年間を通して温度・湿度の変化が少ないという特徴があるため、シアタールームや楽器演奏、ワインセラーやコレクションの収納などの用途に活用することができます。さらに地下室のある建物は地震にも強いため、防災面から見ても非常に大きなメリットがあります。

〇二世帯住宅
狭小地では難しいと思われがちな二世帯住宅も、20坪ほどの土地があれば実現することができます。「10cmも無駄にしない」設計力を活かし、完全分離型や共用型など、さまざまなタイプの二世帯住宅の提案が可能です。防音配管が標準装備されているので、二世帯住宅のトラブルに多い生活音の問題もしっかりカバーできます。

〇賃貸・宿泊・店舗併用住宅
4~8階建ての下層階を賃貸住宅とし、高層階に居住するという賃貸併用住宅は、多層階住宅ならではのマンション経営の方法です。家賃収入を得ることで、ローン返済の負担が軽減されるというメリットもあります。「M-LINE」では一括借り上げのサブリース方式を採用しているので、空室リスクを懸念することなく毎月安定した収入を得ることができます。家賃保証は最長35年間、1世帯分からでも可能となっています。

設備などの修理・修繕費用は1回3万円以内なら何回でも「M-LINE」が負担。現状回復のリフォーム費用も最大15万円まで負担してくれます。さらに、賃貸管理業務もすべて代行してくれるので、入居者とのやり取りや面倒な事務作業なども必要ありません。

賃貸住宅以外にも、下層階を宿泊施設として収益を得る方法や、1階部分を店舗やクリニックなどに利用する方法もあります。宿泊併用住宅に関しては、インバウンド需要によるホテル不足が深刻な東京23区だからこそ安定した収益が見込める事業です。行政への手続きや家具類の準備、宿泊者対応、清掃などはすべて「M-LINE」が提携する運営会社にお任せすることができます。

まずは「無料プラン相談会」へ行ってみよう!

日本一地価の高い東京。「10cmも無駄にしない家づくり」がコンセプトの「M-LINE」であれば、わずか1坪分のスペースも無駄にせず、ゆとりある空間を実現してくれます。

「M-LINE」が気になった方は、まずは無料のプラン相談会へ行ってみましょう。家づくりに関する疑問や不安の解消はもちろん、土地探しから資金計画までトータルでサポートしてくれます。

狭小地だから、変形敷地だからという理由で他社では無理だと言われるようなことも、「M-LINE」なら諦める必要はありません。都会の土地と理想のマイホーム、どちらも叶えたい方にはぜひ、「M-LINE」の多層階住宅をおすすめします。

M-LINE(ou2株式会社)の画像

M-LINE(ou2株式会社)

都心に特化!複数の工法に対応で最適な狭小住宅を提案

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧
おすすめハウスメーカー3選

おすすめハウスメーカー一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名M-LINE(ou2株式会社)パナソニックホームズへーベルハウススカイエ(大和ハウス)積水ハウス
特徴10cmも無駄にしない家づくり工業化住宅として最高の9階建まで可能8つの優れた複合性能を持つ「ヘーベル」さまざまな性能を兼ね備えた外張り断熱通気外壁設計自由度の高い「フレキシブルβシステム」
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく