東京で注文住宅を建てるならココ!今人気の多層階住宅をはじめ、価格相場など気になる情報を紹介します!

積水ハウスの画像1

社名 積水ハウス株式会社
本社 〒531-0076 大阪市北区大淀中一丁目1番88号
梅田スカイビル タワーイースト
設立年月日 1960年8月1日
資本金 2,025億9120万円
発行済株式総数 684,683,466株(2020年7月31日現在)
累積建築戸数 2,488,226戸 (2020年7月31日現在)
従業員数 16,616名 (2020年4月1日現在)
一級建築士 2,919名
おすすめポイント設計自由度を極限まで高めた、新技術による多層階住宅
住環境に関する幅広い事業を手掛けている積水ハウス。3階建て住宅をスタートした1978年以降、さまざまな構法を研究・開発し、2017年には設計自由度を極限まで追求した「フレキシブルβシステム」を開発しました。そんな新技術が採用された多層階住宅「フレキシブル3・4階建て」の特徴は、通し柱がいらないという点。大開口や吹き抜けはもちろん、間取りや天井高はフロアごとの自由設計が可能なので、多世帯住宅や賃貸併用住宅にもおすすめです。

積水ハウスの画像

積水ハウス

設計自由度を極限まで高めた、新技術による多層階住宅

公式サイトで詳細を見る

研究を繰り返して開発された「フレキシブルβシステム」

積水ハウスの画像
積水ハウス株式会社は1960年設立。研究開発から設計、施工、アフターメンテナンス、リフォームまで一貫して高い品質のサービスを自社グループで行うことで、家づくりをトータルでサポートしてくれます。戸建住宅はもちろん、賃貸マンションや街づくり、都市開発など、より良い住環境に貢献する幅広い事業を手掛けています。

積水ハウスの多層階住宅開発までの道のり

積水ハウスが多層階住宅をスタートさせたのは1978年。それまでの鉄骨2階建て住宅で培ってきたノウハウを活かし、軽量鉄骨軸組構造による3階建て住宅を開発しました。1997年、積水ハウスは工業化住宅としては世界初となる梁勝ちラーメン構造による重量鉄骨構造「βシステム構法」を開発。これにより、高い強度を保ちながらも大開口や吹き抜けなど、設計自由度を大きく飛躍させました。

そして2017年には柱の幅を約2倍にすることでさらに強度をアップさせ、より大きな窓、より大きな空間を実現する「フレキシブルβシステム」を開発。設計自由度を極限まで追求した3階建て、4階建て住宅の建築を可能としました。もちろん、現在も日々研究開発を進めていますから、今後ますます積水ハウスの多層階住宅には期待が集まりそうですね。

通し柱のいらない、フロアごとの自由設計

積水ハウスの画像
積水ハウスが現在販売している多層階住宅が、「フレキシブル3・4階建て」。上述した「フレキシブルβシステム」により、それまでの「通し柱は動かせない」という常識に反して柱の位置を動かすことができるので、フロアごとの間取りの自由度が高いことが特徴です。

従来の軸組構造と比べ約20cm短い25cm刻みで設計できるため、敷地の狭い都心でも土地をフル活用することができます。吹き抜けのリビングやオーバーハングのガレージはもちろん、たっぷりの採光と眺望を可能にする部屋の角の大窓は、コーナー柱がいらない「フレキシブルβシステム」ならではのメリットと言えるでしょう。

また通し柱のいらない「フレキシブル3・4階建て」は、多世帯同居にもおすすめ。フロアごとの自由設計が可能なので、親世帯・子世帯どちらかが我慢することなく、双方が満足できる理想的な住まいが叶います。賃貸併用住宅や店舗併用住宅も同様。柱だけではなく天井高もフレキシブルに変えられるので、住居と賃貸、住居と店舗をフロアごとだけではなく、ニーズに合わせてさまざまなすみ分け方をすることが可能です。

さらに、一般的な住宅の床と比べて上階の音を1/3~1/2に抑えることのできる高遮音床システム「SHAIDD」を搭載することにより、多世帯住宅や賃貸併用住宅における音のトラブルを未然に防ぐことができます。

積水ハウスの画像

積水ハウス

設計自由度を極限まで高めた、新技術による多層階住宅

公式サイトで詳細を見る

住宅性能について

積水ハウスの画像

耐震性・耐火性・耐久性

「フレキシブルβシステム」は、高層ビルなどに用いられる重量鉄骨ラーメン構造を進化させて開発されました。「フレキシブル3・4階建て」の家は高層ビルと同じ耐震基準で設計されるため、大地震の揺れにも耐えられる安全性が確保されています。

外壁には、かつて使用していたALC外壁の弱点を克服すべく開発された積水ハウスオリジナルの外壁を採用。耐火性に優れているため、密集した都市部の隣家で火災が発生しても、火を外壁で食い止め、延焼を防ぐことができます。また、最大瞬間風速60m/秒の暴風にも余裕で耐えられる性能を兼ね備えているので、大型台風が通過しても安心して家で過ごすことができます。

さらに、外壁には高耐候クリア塗装を施しているため、紫外線や熱による劣化を軽減することができます。シーリング材にも耐久性の高いものを使用しているので、通常15年のメンテナンスサイクルを30年まで延長することを可能にしました。外観の美しさが長持ちすることで、手間はもちろん、メンテナンスコストの大幅な削減にもつながります。

断熱性・省エネ性

家じゅうの小さな隙間も見逃さない、積水ハウスオリジナルの「ぐるりん断熱」を標準仕様。壁、床、天井などすべて断熱材で包み込むことで、「夏涼しく冬暖かい」快適な住まいが叶います。

また、優れた断熱性・気密性に加え、自然の光や風を暮らしに上手に取り入れたり、エコな設備機器を搭載することで、高度な省エネを実現。さらに燃料電池や太陽光発電など”創エネ”をプラスすることで、快適に暮らしながら地球温暖化防止にも貢献できる「グリーンファースト」を推進しています。

保証やアフターサービスについて

積水ハウスの画像
積水ハウスは、法律で義務付けられた10年の瑕疵担保責任期間にさらに20年間の保証を追加した、30年保証制度を適用。アフターメンテナンスの専門組織「カスタマーズセンター」の専任スタッフが、入居後3か月・1年・2年・5年・10年・15年に無料の定期点検を実施し、必要に応じて補修を行います。「カスタマーズセンター」は全国に設置されているので、定期点検以外でもメンテナンスの相談などに迅速に対応してくれます。

また、30年間の保証期間終了後も独自の「ユートラスシステム」により、有料点検・有償補修工事を実施すれば10年間の再保証を繰り返し受けることができます。途中で保証が切れている場合でも、点検や工事を行うことでいつからでも再保証を受けることが可能です。

まずは「住宅展示場」へ行ってみよう!

長年の研究によって開発された「フレキシブルβシステム」により、高い設計自由度が魅力の「フレキシブル3・4階建て」。構法だけでなく、外壁や断熱仕様なども積水ハウスオリジナルのものが採用されており、ほかとは違った高性能な住まいを手に入れられるでしょう。

積水ハウスの「フレキシブル3・4階建て」が気になった方は、まずは住宅展示場を訪れてみてはいかがでしょうか。東京都内だけで23件あり、二世帯住宅モデルや賃貸併用住宅モデルも複数用意されています。

また、WEB上の簡単なアンケートに答えるだけで設計士がそれぞれの希望に合わせたプランを提案してくれるプランニング・アンケートもおすすめ。好みの外観やLDKの配置、取り入れたい空間などを写真やイラストで視覚的に選ぶことができるので非常に手軽です。お忙しい方はぜひ利用してみると良いでしょう。

積水ハウスの口コミや評判

積水ハウスは、設計自由度を追求した「フレキシブルβシステム」を開発。その「フレキシブルβシステム」は、高層ビルと同じ耐震基準で設計されているほどの耐震性能を実現しているため、大きな地震が起きても被害を最小限に抑えることができるでしょう。

これなら安心して暮らしていくことができますよね。またツイッターには、積水ハウスの営業の方に会うたびに積水ハウスの魅力にハマっていくという方もいるほど、積水ハウスは魅力的なようです。

積水ハウスの画像

積水ハウス

設計自由度を極限まで高めた、新技術による多層階住宅

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧
おすすめハウスメーカー3選

おすすめハウスメーカー一覧!

商品画像1
2
3
4
5
商品名M-LINE(ou2株式会社)パナソニックホームズへーベルハウススカイエ(大和ハウス)積水ハウス
特徴10cmも無駄にしない家づくり工業化住宅として最高の9階建まで可能8つの優れた複合性能を持つ「ヘーベル」さまざまな性能を兼ね備えた外張り断熱通気外壁設計自由度の高い「フレキシブルβシステム」
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく